本文へスキップ

会社や企業などの職場で災害に備える防災グッズ(防災用品)の検討に!

広告上区切り線 広告下区切り線

被災後生活用品Post-disaster household goods

生活備蓄グッズ

被災後の生活で、毎日寝起きをするという基本的な生活を営むためのグッズです。
備蓄という観点からコンパクトに収納できることも選定の重要なファクターですが、いざというときに誰でも簡単に利用できるシンプルな操作性もとても重要です。

LEDランタン

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 消費電力の少ないLED製品
 明るさ : 280ルーメン
単1電池を3本使用
 明るさ:380ルーメン
単3形乾電池×6本

明るくて連続点灯時間の長いランタンならやはり単1電池を使うタイプが良いでしょう。
但し、汎用性の高い単3電池で使用出来る器具に統一して備蓄を簡素化するのなら、右側の単3電池仕様の掲載製品がおすすめです。
明るさについてはだいたい以下の感じだと思ってください。(勿論、主観的なものですが)
◎280ルーメンは12畳でなんとか作業できる程度
◎380ルーメンは16畳でなんとか作業できる程度


単1乾電池

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 保存期間10年の長持ち設計
  • 液漏れ防止設計
 単1電池 6本
単3電池を単1電池にする
変換アダプター 2個セット

単1電池はやはりパワーがありますので、いざというときにはやはり頼り甲斐があります。しかし、パワーの有る単1電池仕様の器具は使いたいが、備蓄する電池は単3に揃えたいという希望も多いことでしょう。そんな場合に便利なのが、右上注目商品の電池変換アダプターです。(もちろん価格的には単1電池をそのまま備蓄したほうが安上がりですが。)


ポータブルバッテリー

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 高容量のバッテリー
  • AC100V出力対応型
出力は、AC100V/50Hz x(最大200W) 、USB DC5V/1A
電池容量:約220Wh
 AC100V,DC12Vの2出力対応バッテリー
セルスターPD-350の特徴ページ

携帯やスマートフォンの電池切れに備えて用意したいバッテリー。それだけならば乾電池から充電できる機器やモバイルバッテリーでも可能なのですが、パソコンのデータがすぐに必要になったりした場合はやはり100V電源が欲しいものです。
こういうバッテリーは常に満充電にして置かなければいざという時に役に立ちませんので、日常的に何かに利用しながら災害に備えるようにする工夫も必要です。


アルミ蒸着保温シート

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • コンパクトで嵩張らない
  • いざという時の保温性能
 お得な5個セット
 数が少なければこちら
アルミシート

災害が冬期の場合は暖房が出来無くなりますので、なにかしら保温に役立つものが必要です。
このアルミ保温シートは収納時はとてもコンパクトなくせに保温力は高く、軽いので纏って行動するのにも邪魔になりません。対象人数分だけは用意して置きたいものです。広げると普通の毛布ぐらいの大きさですので体を覆うのには十分なサイズです。ただ、一度使用すると(写真のように)もう元の袋には入りませんので注意して下さい。


エアーマット

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • コンパクトで嵩張らない
  • 床からの冷えを遮断する断熱性能
  • 柔らかな寝心地
 250kgの重量に耐えられる
 表面生地はベルベットタッチで保温性能にも優れています

宿泊施設のある会社ならいざしらず、通常は布団などの寝具を防災用として備蓄するわけにはいかないと思います。冬期に限らず事務所の床の上で寝起きする事を考えると、せめてエアーマットぐらいは準備しておきたいものです。
息を吹き込んで膨らませるのは大変な労力が必要ですので、エアーマットと共にそれにふさわしい空気入れポンプを別に用意しましょう。


空気ポンプ(エアーマット用)

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 簡単に短時間で空気入れできる
  • ノズルがエアーマットに適合すること
 大型の足踏み式ポンプ
 電池式のポンプ
単一電池4本使用

足踏み式は電源の心配をしなくても良いので少ない数のエアーマットであれば問題はないと思いますが、枚数が多くなればやはり電動式のポンプの方がはるかに楽にできるでしょう。
電池式を選ぶのであれば、必要な電池も余分に備蓄する必要があります。


寝袋

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 安眠できる温かさ
  • コンパクトに収納可能
最低使用温度12度
使用可能温度0度

何かと大変な被災生活、心身ともに疲労困憊と言う状態にならないように、睡眠だけはしっかり取れるようにしたいものです。ソファの上で横になった程度では寒さも防げませんし、疲労もとれません。
寝具の備蓄としては、かさばらない上に防寒性に優れた寝袋をお勧めしますが、冬期であればエアーマットや毛布との併用がベストでしょう。
どの程度の耐寒性が必要か悩むことろですが、一般的な地方なら「使用温度12度」、寒冷地なら「使用温度0度」を目安にして所在地の気候を考えあわせて選ぶようにしましょう。


毛布

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 幅広く使える
  • 安眠できる温かさ
  • コンパクトに収納可能
薄いくせに暖かいフリース地
コンパクトに収納できます
1枚ずつ真空パック梱包
10枚入セット

避難生活で、これだけはどれだけ有っても困ることのない毛布。

敷布団や掛け布団代わりに、枕や膝掛け代わりに、頭からかぶって防災ずきん代わりに、病人やけが人をくるんで担架に乗せたり、とにかくなんにでも使える優れ物です。

ただ一般的な毛布はどうしても保管に嵩張りますので、備蓄用としては、真空包装タイプのものや薄いフリース地のものなどがお勧めです。


使い捨てカイロ

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 暖かさが長時間持続する
  • 使い方に融通が利く貼らないタイプと、効率的な貼るタイプの両方を用意
 貼らないタイプ
貼るタイプ
使用写真

災害が真冬にきたら大変です。会社の暖房は殆ど止まってしまいますので、電気の復旧までは寒さに耐え忍ばねばなりません。そんなときに活躍するのが「使い捨てカイロ」。ほとんど一日中使えますが、最低5日分は備蓄したいものです。手指、足先など使い方に融通が利く「貼らないタイプ」と、動き回るのに効率的な「貼るタイプ」がありますので、出来れば両方共備蓄される事をおすすめします。


カセットボンベ式ガスストーブ

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 安全性が高い
  • 使用前後のメインテナンスが簡単
  • 持ち運びし易い
熱量:約1.0kW(900kcal/h相当)
連続燃焼時間は約3時間20分
熱量:約1.35kW(1150kcal/h相当)
連続燃焼時間:約2時間30分

《長期保管がきいてコンパクトでストックしやすい燃料=カセットガスボンベ》を使用するストーブですので、きっと災害時の暖房として役立ってくれるものと思います。
但し以下の2点については注意が必要です。

  • メーカー推奨ボンベ以外は保証出来ない旨の表示があると思います。なるべく推奨品をお使い下さい
  • 燃焼系の暖房器具はどれもそうですが、換気には充分注意を払って使用してください

裁縫道具

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • ひと通りのものが揃っている
  • 収納ケース入り
 シンプルなものなら
 家庭科学習用程度のものなら

災害には衣類が破れたりボタンが取れたりは当たり前。
裁縫道具は是非用意されることをお勧めします。
簡単なもので良いので、とにかく必要なものが揃っている物を選びましょう。


ブルーシート

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 紐を通せるハトメ穴が開いていること
  • 使用目的に応じたサイズが選べる
  • 強くて軽い
 大は小を兼ねる
10m×10mの大サイズ
安くて使いやすい
3畳タイプ
使用写真

災害後のホームセンター等ですぐに品不足になるのが、実はこのブルーシート。
屋根の破損による雨漏れ防止や、割れてしまった窓ガラス部分に外から被せて風除けにしたり、事務所の床の上に敷いて横になれるコーナーを作ったりと、まさに大活躍の働きをしてくれます。
10m×10mの大サイズがお勧めですが、手軽に扱える2~3畳サイズの方が人気があるようです。
行楽用のレジャーシートには紐を通すためにハトメ穴が開いていないものもありますので、災害用としてはお薦めできません。


トップに戻るボタン

本サイトの災害写真の出展は「消防科学総合センターの災害写真データベース」によるものです


広告上の区切り線