本文へスキップ

会社や企業などの職場で災害に備える防災グッズ(防災用品)の検討に!

広告上区切り線 広告下区切り線

震災に対する予防 The protection against earthquake

地震は防げなくても、地震の被害を未然に防ぐ事はできます

会社で地震に遭遇した時、真っ先に考えられるのが、壁面キャビネットや本棚の転倒、デスク上のOA機器などの飛び出し、窓ガラスの破損落下などを原因とする怪我や、転倒家具の下敷きになったりすることによる避難の遅れです。

これらは、事前に予測してある程度の対策を打ちさえすれば、予め防ぐことができる災害でもあります。

特に書類などが詰まったキャビネットは、家庭の衣類タンスなどよりも遥かに重量が重くなっていますので、出来れば造り付けのオフイス家具、またはL型金具で壁面等に十分な強度で固定するようにしましょう。
それが無理な場合は、以下のような耐震グッズがを利用して地震に備える事をお勧めします。


転倒防止くさび

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 家具の下に敷くだけ
  • 必要長さに対応可能
幅は120cm。家具のサイズに合わせてハサミで簡単にカットでき、自由に幅が調整できます。
約20cm幅のプレート×4枚入。
1枚のプレートはハサミで4分割できます。
家具転倒防止敷物

大型家具の下に差し込んで転倒を防ぐ為の製品です。そもそも、ある物体が地震の揺れで転倒する場合は、より倒れやすい、つまり倒れるのに抵抗の少ない側へ倒れるわけですので、予め、家具を倒れても良い壁側に傾けておけば、転倒防止効果を発揮するわけです。
この製品は、設置自体とても簡単なのですが、取り付け上の注意点がありますので、以下列記致します。

  • 家具の背面は壁に密着させること。
    離れていると振動が加わった時に製品が外れてしまう事と、揺れの振幅が増大するからです。
  • 製品に荷重が集中するので、それに耐えるだけの大きさが必要です。なるべく、家具の幅いっぱいに取り付けるようにして荷重を分散させてください。
  • 床が柔らかいほど効果が少なくなります。特に厚手のカーペットには向きません。


天井との突っ張り棒

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 天井との空間高さに対して調整可能
  • 調整範囲を超える場合はサイズ違いの品揃え有り
 高さ300~400mm
H型構造で家具をしっかり固定
高さ450~700mm
突っ張り転倒防止

家具が揺れによって転倒する場合、必ず支点の反対側が床から浮き上がる事になります。この製品は家具の上部と天井面の間に入れて突っ張ることとにより、その浮き上がりを防止する為のものです。この製品を使用する場合の注意点は以下のとおりです。

  • 家具の上部空間の高さに合った製品を選ぶこと。購入したはいいが寸法が合わなった、という事の無いようにしましょう。
  • 天井面の強度が弱いと、天井が破損して突っ張り効果が得られなくなります。天井材の下地がしっかり入っている部分に設置するようにしてください。

壁面固定具

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 貼るだけで簡単に設置できる
  • 壁や家具を傷めない
大型家具・食器棚向け
2個入り
振動を吸収し、キャビネットなどの転倒を防止する。2個入り。
L型固定具

L型の製品の片側を壁に、もう一方を家具面に貼り付ける事により固定するものですが、地震の揺れを貼付面にある弾性体で吸収することを特徴としています。通常このような固定方法では金属製のL 型金具で壁と家具の両面にビス止めする方法を用いるのですが、ビス止めに耐えうる下地を探したり、そもそもビス止め自体が大変だということで敬遠されてきました。
それを解消して、誰もが手軽に設置できるようにしたのがこの製品で、ある程度の効果も期待出来ますが、下記のような注意点がありますのでご留意下さい。

  • 接着するタイプですので、接着面の状態により、所定の強度が得られない場合があります。具体的には、表面に粉を吹いたようなモルタルやコンクリート面、紙などの破れ易い素材面、すぐに剥がれる塗装面などには向かない製品です。ビニルクロス張りのボード面や木材、タイル面などに適します。
  • 接着前に対象面の汚れをキレイに拭いてから、何回か強く押し付けて接着します。


大型家電固定具

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 家電の大きさ違い対してもある程度は調整可能
  • 取り付けが簡単
液晶テレビ固定用
テレビ台に傷つけず、液晶テレビの転倒抑制。 対応サイズ32~60型
冷蔵庫固定用
地震の際に冷蔵庫の転倒を防止する専用ベルトです。

大型家電商品、特に液晶大型テレビと冷蔵庫は転倒した場合に危険であるだけでなく、商品自体が高価ですので、破損した場合の損害額が大きくなります。
また、どちらも被災後の生活に欠かせないものですので、転倒防止策には充分な注意を払いたいものです。
ここで紹介する商品は、どちらもポールやベルト等によって背面で固定するタイプです。液晶テレビの場合はこの他にベルトやチェーンで固定する物もありますが、冷蔵庫の場合は他に有効な方法も少ないようですので、転ばぬ先の杖ならぬ「転ばぬ先のベルト」として、是非ご検討下さい。



弾性粘着パッド

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 貼るだけで耐震性アップ
  • 美観を損ねない透明タイプ
 高難燃性タイプの耐震ジェル
厚みのある透明タイプ
 6枚入り
無色透明なスチレン系エラストマー素材の耐震ゴム
厚さ5mm  4枚入り
耐震ジェル

主にパソコンやモニタの下に敷いて、地震時に移動や転倒を防止する粘着性の振動吸収弾性体です。
下に貼り付けて置くだけですの、とても簡単に設置でき、効果もそれなりにありますので、液晶テレビやデスクトップパソコンなどの耐震対策としては、最も気軽に導入できるものと思います。
但し、材質や大きさによって耐震性に差が出ますので、余り安価な商品には注意が必要です。


飛散防止フィルム

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • ガラスに貼って強度アップ
  • 施工が簡単にできる
【局所貼り】
窓ガラスの4隅と取っ手部分の合計5ヶ所に貼って強度アップ。
【全面貼り】
食器棚などの家具用ガラス飛散防止フィルム。)
防災フィルム

地震の揺れによって建物が変形することにより、窓や扉といった建具に予期せぬ力が加わります。
その為に扉が開きにくくなったり、窓ガラスが破損してガラス片が飛び散る様な事態も起きます。
上記左の選定商品は、外力が集中するガラス面の4隅に厚手のシートを貼ることによって被害を軽減することを目的としています。耐震以外にも防犯目的にもなりますので取っ手部分に貼るシートも付属しています。又、窓ガラスだけではなく、扉や家具のガラス面にも使用出来ますし、その際には対象面の大きさに合わせてカットして利用することも可能です。
上記右の製品はガラス面全面に貼るタイプですので、少し大きめのサイズのものをカットして使用することになります。





上枠取り付けラッチ(揺れを感知して自動ロック)

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 地震の揺れを検知して自動ロックするので毎回の開閉に煩わしさがない
 震度5前後の揺れを感知して自動ロック
天板厚3〜4センチ程度対象
震度5程度の揺れで自動ロック。内部に取り付ける為、天板厚さの制約は有りませんが、位置合わせが少し難しい。
ラッチ

地震の揺れによって、中の収納物が飛び出さないように開き扉をロックする製品です。
揺れを検知して自動でロックしてくれますが、軽い揺れで反応しては誤動作の頻度が増えますので、震度5程度の揺れに反応するように作られています。
上記左の選定商品は天板に取り付けるタイプで、ラッチ受けがないことから取り付けも割合簡単ですが、天板の厚さや天板と扉面の段差が無い事など制約も多いので検討時には注意が必要です。
上記右の製品は家具内部に取り付けるラッチ本体とラッチ受けのセットで、使用条件の制約が少ない代わりに位置調整などで取り付けに注意が必要です。





扉取り付けラッチ(開閉時に手動ロック)

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 貼るだけで簡単に設置できる
  • 操作性が良い
両面テープで簡単取り付け
手動で確実のロックする
左の商品の引き出し用
左右どちらにも使用可能

前項目の自動でロックしてくれる製品が取付に少し難が合ったのに比べて、この手動タイプは両面テープで貼り付けるだけで簡単に取り付け出来ます。そもそも乳幼児が勝手に開閉できないように開発された製品ですが、耐震対策としての利用にも充分。
只、操作は簡単とはいえ、開閉毎に自分でロックしないといけませんので、あまり頻繁に利用する部分には適しません。
高い位置にあり、収納物の落下被害が予測される場所に使用するのが効果的。


トップに戻るボタン

広告上の区切り線